資格名称変更の実施について

■資格名称変更の内容

・旧:「女性の健康とWLB(ワーク・ライフ・バランス)推進員」

・新:「女性の健康経営マネジメントアドバイザー

※ 資格名変更実施日:2020年3月1日

※ 変更は資格名称のみで、出題範囲等そのほかの変更はありません。

※「女性の健康推進員」の名称変更はありません。

※「女性の健康とWLB推進員」既得者の方も「女性の健康経営マネジメントアドバイザー」をお使いください。

※「女性の健康とWLB推進員」既得者の方で新資格名称の入った「認定カード」をご希望の方には、 後日ご案内をお送りします。

■資格名称変更の理由及び目的

2015年の女性活躍推進法、2018年の働き方改革関連法の成立を背景に、女性活躍の推進が各 分野で取り組まれており、経済産業省主唱の健康経営の施策においても女性の健康問題を考慮した経営視点の重要性が提唱されています。当協会ではこれまで取り組んでまいりました「女性特有の健康課題とワーク・ライフ・バランスを融合した視点」の活動実績を基に、「女性の健康経営」の観点で啓発 活動を推進しております。女性の健康経営推進には、職場内等でのリテラシー向上と人材育成の展開が求められており、 当検定認定「女性の健康とWLB(ワーク・ライフ・バランス)推進員」有資格者の方々が、職場でより一層活用しやすく且つ親和性のある名称として、 下記の

女性の健康経営マネジメントアドバイザー」に改称させて頂くこととなりました。